ゴマがそろそろ収穫

毎年自家用+αで作っている黒ゴマ
玄米を食べるときのごま塩なのです。
中華では黒ゴマだけは薬膳になるとか。

Img_0314

6月に種を蒔き今、さやが開き始めました。

続きを読む "ゴマがそろそろ収穫" »

柿酢の仕込み

収穫の頃はなにかとやることが多くて忙しい時期です。
そんな中、今年も柿酢仕込みの頃となりました。
卵を配達しているおばあちゃんちの庭には
この時期に熟れる富有柿があってここ数年、
もらって来ては酢にしています。
Dsc00219















寒くなってくると発酵がすすみにくくなってくるようで、
生活する部屋などに置くのが良いようです。

とった柿を洗って乾かし広口ビンに入れるだけですが
早く全体がひたひたにならないと雑菌が繁殖します。
11月頃に仕込んだときはうまくできませんでした。
だから柿は熟れてゆるゆるになっているほうがいいのです。

浸かった柿の汁の表面に綿のような膜が出来るとうまくいったサイン。
年が明けた頃にはもう酢になっています。
ハエが活動を始めるまえに一升瓶などに濾すのがいいですよ。

みりんのビン詰め

今年の春に味醂を作って一回濾しただけでおりが残っていたので
キッチンペーパーで濾してみたらきれいな琥珀色になりました。
そこで空き瓶に入れて市販品のようにラベルをつくってみました。

左の少し薄いのが今年のもので右が昨年のもの
時間が経つと色が濃くなっていていい感じです。
熊本にある赤酒と同じですね。
Img_0411



















最近の市販品はみりん風調味料が多く、
本味醂は高価で少ないですね。
これは本味醂。でも作るのは簡単なんです。

*もち米(900g)を蒸して、ホワイトリカー(1.8L)と麹(800g)をまぜて
常温で半年寝かせておくだけ。
ショウジョウバエが入りやすいので、
少ない秋頃に作って春に濾せばできあがりです。

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

税理士 大阪市
無料ブログはココログ